瀬戸焼(赤津焼)について

瀬戸焼

「瀬戸焼」は、「せともの」の語源となっている陶磁器で一般的な食器として多く使われています。

「瀬戸焼」は日本六古窯(にほんろっこよう)の1つである、瀬戸エリアで生産される焼き物です。

日本六古窯(にほんろっこよう)とは、平安時代から鎌倉時代に始まった窯で、備前(岡山県)、丹波(兵庫県)、信楽(滋賀県)、常滑(愛知県)、瀬戸(愛知県)、越前(福井県)の窯のこと。

鎌倉時代には、全国各地での窯跡が数多く発見されていますが、時代の変遷とともに、産業として根付いたものが六古窯です。

日本六古窯(にほんろっこよう)の中でも、当時、瀬戸(愛知県)が唯一、釉(うわぐすり)をかけて焼くという本格的な技法をとっていたようです。それが「瀬戸焼」の特長と言えそうです。

赤津焼

「赤津焼」は「瀬戸焼」ですが、特に瀬戸市の東方にある赤津エリアで生産された「瀬戸焼」が「赤津焼」と呼ばれています。

現在の窯元町、西窯町、赤津町、八王子町を中心とする赤津エリアは、大正14年に当時の瀬戸町と合併するまでの赤津村で、現在も窯元の多いエリアです。

「赤津焼」は特に、尾張藩の御用窯の流れを持つ芸術性の高い陶器が多いことが特長です。個人的には、The 瀬戸焼 ではないかと思っています。(^^)

「赤津焼」には、「灰釉」(かいゆう)「鉄釉」(てつゆう)「古瀬戸釉」(こせとゆう)「黄瀬戸釉」(きせとゆう)「志野釉」(しのゆう)「織部釉」(おりべゆう)「御深井釉」(おふけゆう)の7種類の釉薬(ゆうやく*)が使われるのが特長で、「櫛目」「ヘラ彫り」「印花」など12種類に及ぶ豊富な装飾技法が駆使され、現在では、茶道具、花道具、小鉢、向付などの懐石食器、湯のみ、コーヒーマグなど幅広いアイテムが作られています。

「赤津焼」は、1977年(昭和52年)に国の伝統的工芸品にも指定されています。

参考ですが、赤津焼会館 はおすすめです。茶道具・花器などから普段使いの焼物まで、赤津エリアの窯元の作品を一堂に集めて展示・販売しています。「赤津焼」を見たいなら、まずココです!

また赤津焼の窯元を知るには、赤津窯の里めぐり も便利です。

*釉薬は「ゆうやく」または「うわぐすり(上薬)」とも言い、やきものの専門用語です。